ヨーロッパの高品質なクリスタルなど厳選した素材を使用したハンドメイドアクセサリーと雑貨のショップ|Atelier Cherry Hills 『Atelier Cherry Hills』ではヨーロッパの高品質なクリスタルや良質なパールなどをふんだんに使用し、主にグルーデコの手法でクオリティにこだわった作品作りをしています。日常使いのできるアクセサリーをはじめ、 大切なペットをモチーフにした世界にたったひとつのアクセサリーやチャームなどのオーダーメイドも承っております。

No.15. これって金属アレルギー? vol.2

 ピアスホールとの戦い

 

 ピアスを開けてからもうそろそろ2年にもなるのにまだピアスホールの周りは少し赤いままです。でも、痛みはなく、ようやく、軽いものであれば揺れるピアスも着けられるまでになってきました(^^)     こうなったらのんびりじっくりとピアスホールの完全な完成まで待つしかないですね〜。

 

 

ファーストピアスからセカンドピアスへ

 

 じっとりとして落ち着かないファーストピアスに我慢の日々でしたが、さすがに2ヶ月を過ぎた頃、そのデザインに飽きて、購入してあったピュアチタンとダイヤのセカンドピアスをしたくなりました。ファーストピアスは可愛くないのです(^_^)

 

 そして、ピアスの先輩である娘の、「皮膚科でやってもらったほうがいい」というアドバイスに従うつもりでいました。そのセカンドピアスも彼女のオススメの『金属アレルギーに安心なセカンドピアスのお店 なでしこスタイル』さんで購入したのです。

 

    ところが、思い立ったら吉日の私、「よし、今日行こう」と思った日が皮膚科の定休日だったのです! 他の日は仕事などで予定がいっぱい、随分先まで行けません。

 傷つけないようにそっとやればいいと、自分で恐るおそる付け替えてしまいました。やはりそれが最初の失敗でした! 右耳はなんとかうまくいったのですが、左耳にセカンドピアスのポストを差し込む時に、微妙に斜めに入ってしまったのです。まだピアスホールが出来上がっていないので、ピアスホールの中はまだまだ固まっておらず流動的で、簡単に傷ついてしまう状態です。少し痛みもありましたし、赤く腫れてしまいました(^_^*)

 

 

消毒は必要か否か?

 

 ファーストピアスの間はもちろん、皮膚科の先生の指導通りにお風呂の度にシャワーで洗った後、消毒液をスプレーしていました。この消毒については二説あります。した方がいい、しない方がいい。どちらが正解なんでしょうか。  

 

 ちなみに、ピアスについて詳しい友人たちは皆、消毒は消毒液でかぶれたりするからしない方がいいと言っていました。前述のセカンドピアスのお店で頂いた冊子にも、「 消毒液を使うとピアスホールを傷めてしまって、いつまで経ってもピアスホールが完成しないことがある」とあります。この注意書きを読んだのは、セカンドピアスにした後でしたが、そこに至る2ヶ月のファーストピアスの間に、散々消毒していました。セカンドピアスへの付け替えの時の失敗以前に、もう最初から失敗していたのです(^_^*)

 きっと、皮膚科の先生の消毒とは、ずっとやり続けるものではなかったのでしょうね。おそらくファーストピアスを開けて数日の注意事項だったのだと思います。

 

 

トラブルの連続

 

 その後は案の定、いつまで経っても落ち着かず、時々ピアスホールの上あたりがなんとなく痒いと思うとピンク色に腫れてきたり、お風呂で洗おうとしても癒着してうまく動かせなかったり、トラブル続きでした。

 

 そんなある日、気づくと左耳のキャッチがありません。落としてしまったと思い、作品制作のために買ってあった樹脂のキャッチを代わりにはめておきました。

 その後も、ピンク色に少しだけ腫れてきた時は、念入りに洗って、その時ばかりは消毒液をかけました。それでなんとか凌いでいたのですが、大きく腫れて痒くなった時があり、皮膚科で診てもらうと、なんと緑色のうみが出できました(≧∇≦) びっくりです! なんとか抗生物質で治し、シャワーで洗ってはティッシュで水分を拭き取って、とにかく清潔にと頑張っていましたが、やっぱりポストがピアスホールに癒着したり、本当に日々、悪戦苦闘でした。

 

 セカンドピアスにも飽きてきましたが、外す勇気はありません。とっても恐くてできませんでした。

 ところが、セカンドピアスにして5ヶ月が過ぎた頃、身内が亡くなりました。家族ですから、喪服にダイヤのピアスはできません。恐くてもなんでも外さなくてはいけなくなりました。ちょうどその頃、左耳はピアスが癒着して簡単には取れなくなってきたので、左耳をお湯につけて20分くらいかけてゆっくり回して外しました。鏡で見た時、ピアスホールの中に、皮膚科で見た緑色が少しあり、その奥に、なんと見覚えのあるチタンのキャッチが見えたのです! 無くなったと思っていたキャッチはピアスホールの中に埋まっていたのです! これにはほんとうに驚きました! 小さい筈のピアスホールにどうやって入ったのでしょう? それも後ろから・・。

 

 その埋もれたキャッチは、見えているのにどうしても取り出せません。翌日、葬儀の後皮膚科に行き、耳に麻酔をして、なんとかピアスホールをダメにすることなく取り出して頂けました!

 

 本当に散々トラブル続きでしたが、この極め付けのキャッチ埋没事件は、家族の葬儀当日の悲しみから少しだけ気を紛らわせるのに役立ちました。

 そして、ピアスホールとの戦いはまだまだ続きますが、続きはまた次回のvol.3に書きたいと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパの高品質なクリスタルや厳選した材料を使ったアクセサリーと雑貨ショップ|Atelier Cherry Hills

ヨーロッパの高品質なクリスタルなど厳選した素材を使用したハンドメイドアクセサリーと雑貨のショップ|Atelier Cherry Hills

ヨーロッパの高品質なクリスタルや厳選した素材を使ったオリジナルアクセサリーや
帯留め・かんざし・バッグチャームなどの雑貨を
ひとつひとつ心を込めて制作している
「Atelier Cherry Hills(アトリエ・チェリーヒルズ)」では
『大人可愛いキラキラで毎日を楽しく♬』をモットーに横浜日吉で作品作りを行っております。
大切なペットをモチーフにした、世界にたったひとつのブローチやバッグチャームなどの
制作も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

屋号 Atelier Cherry Hills
電話番号 080-3403-7370
営業時間 10:00~18:00(月・木15:00~)
定休日:土日祝日
E-mail info@ateliercherryhills.com

コメントは受け付けていません。

特集

ヨーロッパの高品質なクリスタルなど厳選した素材を使用したハンドメイドアクセサリーと雑貨のショップ|Atelier Cherry Hills 『Atelier Cherry Hills』ではヨーロッパの高品質なクリスタルや良質なパールなどをふんだんに使用し、主にグルーデコの手法でクオリティにこだわった作品作りをしています。日常使いのできるアクセサリーをはじめ、 大切なペットをモチーフにした世界にたったひとつのアクセサリーやチャームなどのオーダーメイドも承っております。

~横浜市港北区日吉・川崎市中原区エリアの
 グルーデコアトリエ Atelier Cherry Hills~
  (アトリエ・チェリーヒルズ)

080-3403-7370

10:00~18:00 
定休日:月・木・土日祝日